令和2年支援目標

・これまで、生活してきた「家での暮らし」が継続できるよう、入居者の「思い」や「言葉」に耳を傾け、その実現に向けて、職員が協力し、取り組みます。

home_top_thumb4
(せせらぎ)

・入居者のニーズに応え、カラオケを充実させ、「唄うこと」で元気を引き出すよう支援します。

(あかり)

・入居者の「思い」「言葉」に耳を傾け、ホームの中や外にも目を向け、家族と共に楽しめるような、時間や催しを計画します。

・手浴・足浴・マッサージなどケアを行うと共に、コミュニケーションを図り、信頼関係が築けるよう支援します

home_2_thumb1  神河町の静かな山あいの中に「グループホームゆうゆう」はあります。ゆったりとした時間の流れの中で、入居者それぞれの一日が始まります。

ゆうゆう パンフレット

パンフレットの表示にはアドビ社が提供する、Adobe ReaderまたはAdobe Acrobat Readerが必要です(無料)

宝寿会グループ